名古屋の進化し続ける都心とともに楽しむために

投稿



名古屋の進化し続ける都心とともに楽しむために

リニア名古屋市ターミナル駅が名古屋駅の地下に設置される予定の名古屋駅では、スーパーメガリージョンの交通拠点や快適な乗換空間を等を目指した整備の基本的な考え方を取りまとめた「(仮称)ターミナルスクエア」構想が検討されています。

名古屋駅の乗降客数は、1日平均で約122.4万人。愛知県で1位なのはもちろん、全国でも5位のスケールを誇っています。東海地方や愛知・名古屋の人と情報の流れはここを拠点としています。

東海道新幹線を利用した場合に比べ、リニア中央新幹線を利用した場合、名古屋から2時間で移動できる範囲は飛躍的に広がります。2時間圏内でカバーできる事業所数は、東海道新幹線を利用した場合の約5倍となり、ビジネスや観光交流が活発になり、拡大が期待されています。

三大都市圏を約1時間で結ぶリニア開業により、日本国内の大都市圏構造は大きく変わるとともに、世界に類を見ない巨大都市圏が誕生することとなります。さらに、大阪までの全線開業までは名古屋がリニア大交流圏の西側の拠点となり、愛知県を含めた経済効果が高まることが期待されます。

名古屋市では、名古屋大都市圏の玄関口としてふさわしい「名古屋駅周辺のまちづくり」構想が検討されています。特に、名古屋駅の東西の駅前広場においては、「This is NAGOYA」を感じる象徴的な空間形成を図る「顔づくり検討イメージ図」を公表します。

「エステムコート名古屋黒川シャルマン」は、最先端のテクノロジーで高次元な快適と安心を両立したIoT対応スマートマンションで、オーナー様にも入居者様にも資産のアドバンテージを高めます。

2027年に開業予定のリニア新幹線により、東京への所要時間が大幅に短縮されるのも愛知県の魅力。名古屋から品川までは約1時間30分ほどかかる時間が約40分で。
また、将来的には大阪まで延伸化され、名古屋から大阪まで約27分でアクセスすることが可能となり、ビジネスのスピードや、企業の生産力向上につながります。

名古屋の進化し続ける都心とともに楽しむために。
華やぎや利便だけでは決して創造することができないもの。
居住性だけを満たすことでは決して到達できないもの。
その理想を叶えるために私たちが求めたのは、都心を想うままに使いこなすアクティブな日常と喧噪から離れ潤い豊かな公園に心解く伸びやかなくつろぎ、そして自分に還るための居心地を託した住まい。
ただ住まうだけではなく、そこに理想も豊かさもそして、美しさもすべて伴わせて、新たな都心居住のスタイルが、いま輝き始める。

時速500kmで運転するリニア中央新幹線。
全線開通により品川から大阪まで67分での移動が可能となり、速さの進化が都市の在り方と暮らしを大きく変えることが予想されます。
特に2027年に開業予定の品川・名古屋区間は、東海道新幹線と合わせた2本の新幹線により首都圏との間で重層的な交通ネットワークを有する立地優位性が高まることとなり、リニア大交流圏の玄関口としての重要な役割を担う都市となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました